よくある質問

Q. ワークショップって何ですか?
A. ワークショップ(workshop)とは、本来「作業場」や「工房」の意味ですが、ここでは「参加体験型の教室」としています。 参加者が受動的な教室ではなく、自発的に関わることで生まれる「気づき」や「学び」を大切にしています。

Q.プログラムは子供対象ですか?
A.幼児から大人まで幅広いプログラムを展開しています。
幼児は、親御さんとの共同作業によって普段の生活ではできない楽しさと発見があります。 大人向けには、より深い学びや体験ができるワークショップ展開をおこないます。

Q.ナイフや刃物を使わないプログラムはありますか?
A. 色をぬるだけのもの、針金を手でねじって作るものなど、刃物を使わないプログラムはあります。
しかしながら危ないからといって刃物を遠ざけると「工夫して作る」喜びも楽しさも半減してしまいます。こういう機会だからこそ、親御さんとともに正しいナイフの使い方を学び、共に作る喜びを味わうこともお勧めしています。

Q. いろいろな道具を使うようですが、安全対策は大丈夫ですか?
A. 道具の使い方も含めて、運営上の安全対策をとった運営を行います。
本番までに会場の下見を行い、スペースや安定した場所の確保、荒天の場合の対策、集客人数によるスタッフの確保などを含めて安全に運営するための運営計画を作成します。
刃物の使用についても、持ち方の指導などとともに保護用軍手や台などの準備があります。
救急セット(ファーストエイドセット)は常備しており、運営上は主催者や会場側と事前に打合せをし 付近の病院の受け入れ態勢など確認します。

Q. 自然の中でないと実施できませんか?
A. アウトドア、インドアを問わずワークショップを行うことができます。 すでに多くの流通施設やショールームなどで展開させていただいています。 自然素材をあらかじめ用意、加工しておくことで実施可能となります。 ショッピングセンター、ショールーム等のオープニングや販促イベント、展示会のプログラムなどでも ご活用ください。

Q.「自然」とあまり関係のなさそうな展示会場で、クライアントから「体験型のプログラムの提案」をと言われています。何ができそうなのか想像がつきませんが・・。
A. 実際にお会いし、日時、場所、使用可能なスペースと環境、条件、対象層など、現在ある情報から最適なプログラムをご提案します。特殊な会場であれば会場の下見にも伺います。

Q. 町内会の催事などでも講師の派遣は可能ですか?
A. 私達は講師の派遣というより、プログラムの制作運営としてとらえています。
 そのため講師一人の手配より費用や手間も多少かかるかもしれませんが、しっかりした楽しく安全な運営を心掛けています。
内容によっては数名のスタッフ体制で運営にあたらせていただく場合もございます。

Q. 個人を対象とした講習はありますか?
A. 個人を対象としたプログラムの実施は、ビーネイチャースクールで行っていますので、サイトをご覧ください。また、10名以上集まれば、オーダーメイドワークショップの実施も可能です。

Q. 予算はどのくらい必要ですか?
A. 目安として各プログラムの費用を出しています。
実際は会場や対象層や人数により、準備するものや材料の加工の有無、スタッフ体制なども変化しますので、まずはお気軽にご相談ください。

Q. ワークショップをお願いしたい場合は、どうすれば良いですか?
A. まずはメールでお問い合わせください。
現在の情報状況、テーマ、素材、期日、場所など何かひとつだけでも結構です。ご意向をご連絡ください。 実施方法のページに手順がありますので一度ご覧ください。

Q. 複数のワークショップをしてもらうことは可能ですか?
A. 使用できる会場の広さなどにより実施は可能です。
イベントの方向性などから、いくつかのワークショップを組み合わせて企画提案させていただきます。またイベント全体の企画、運営のすべてを行うことも可能です。

Q. 過去にどんな場所でワークショップをやっていますか?
A. 自動車会社ショールーム、ショッピングセンターの屋内外、大規模のキャンプイベントなどでの 実績があります。
屋外で実施の場合は、荒天対策や代替室内スペースの確保が必要となります。

Q. 1年間どのワークショップでも行うことはできますか?
A. 実施は可能ですが、材料によっては時期を選ぶものもあります。
箸作りの竹材は秋から初冬のものが水分が少なく適しています。ビーチコーミングなども夏期はビーチが整備されたり人も多いので、場所によっては適さないということもあります。

Q. 50名以上のお客様にもワークショップはできますか?
A. 1日50名以上でも1度に50名以上でもワークショップを行うことは可能です。
まずはご相談ください。

Q. ワークショップをお願いする場合、どこまで準備をしておけばよいですか?
A. イベントの方向性を確認し、場所や環境などでプログラム内容を企画していきます。
その中で、どこまで事前に準備いただくかを決めていきたいと思います。

Q. 全国どこでもワークショップを行うことは可能ですか?
A. 実際に全国津々浦々で展開しています。どうぞお気軽にご相談ください。

Q. 紹介されている以外のワークショップもできますか?
A. 場所や環境、テーマによってこのサイトに掲載されていないプログラムもご提案いたします。
まずはご相談ください。

Q. 自分たちの地域にあったワークショップを作ってもらうことはできますか?
A.可能であれば現地視察を行い、地域の特性や名産品などを生かしたワークショップをご提案することが可能です。

Q. プログラムの詳細をもう少し教えてもらえますか?
A. ご興味を持たれたプログラムなどございましたら、まずはメールでお問い合わせください。

(C)Copyright BE-NATURE co.,ltd. All Rights Reserved.