「手づくりワークショップ.com」は、自然とつながることをテーマに「手づくり」の“楽しさ”と“喜び”を感じ、伝えあい、より自分らしさを表現できる、そんな豊かなシーンを作っていけたらとの思いで立ち上げました。

 

企業展示会でのプログラム、企業の社会貢献CSRプログラム、公共・民間の施設等での体験プログラム、野外アウトドアや室内でのイベントメニューとしてご活用いただきたいと考えています。

 プログラムの切り口も、「自然」を中心として、「環境」「防災」「地域」「食育」「知育」「アート」など多岐に渡ります。

 

 また、比較的短時間でできる子供向けや親子を対象に構成していますが、大人向けやゆったり半日~2日ぐらいかけてじっくり実施するプログラムも実施可能です。

「手づくりワークショップ.com」は、さまざまな環境教育や場作りを実践しているビーネイチャースクール が運営をしています。

 

 

現在おすすめのコース

森の植物でクラフトづくり

春から夏にかけて、自然のなかでのワークショップがおすすめです。クラフトづくりも素材探しから行うことができます。

季節の香りの草キャンドル作り

春から夏にかけての虫のでる季節には虫除け効果のあるキャンドルづくりがおすすめです。香りやハーブについても学ぶことができます。

自然の恵みをジュースにする

初夏はモミジイチゴ、クワなどのジュースにできる木の実の季節です。 この季節ならではの果実をつかい、自然や季節、植物についての理解が深まります。

 

 

 

活動レポートより

2012年

3月

19日

クリスマスツリーのオーナメントづくりワークショップ

2011/11/17に、住宅関連会社のお客様イベントにおいて、クリスマスツリーのオーナメントづくりワークショップを行いました。

 

折しもクリスマスシーズンなので、住宅展示場に設けられた大きなリースに飾るためのリースを参加者が作るワークショップでした。

自然な素材感のある木の札に、思い思いにクリスマスの絵やモチーフを書きました。刃物などは使わない絵を描くだけの簡単なワークショップながら、みんなで飾ったリースを眺めることで一体感や参加気分を味わうことが出来ました。

 

夕方にはオーナメントで飾ったツリーの点灯式でイベントの最後を盛り上げました。

2012年

3月

17日

焚き火で究極のホットドッグづくりワークショップ

2011/11/17に、住宅関連会社のお客様イベントにおいて、焚き火を使った究極のホットドッグづくりワークショップを行いました。

 

焚き火を使ってソーセージを炙ったあと、色々な種類の具をお好みでトッピングしてそれぞれオリジナルのホットドッグを作りました。

 

冬に向かうシーズン、焚き火を使ってのワークショップは体も温まり、火の素晴らしさを学ぶことができるワークショップになったのではないでしょうか。

 

このほか、マシュマロをあぶってビスケットで挟む、サモアづくりも行いました。

(C)Copyright BE-NATURE co.,ltd. All Rights Reserved.